卒婚と離婚について利点や欠点から違いを知る

卒婚と離婚とはいったい何なのか

卒婚とは何なのか

卒婚とは婚姻状態の夫婦が互いに干渉せずに生活していくことです。別居、もしくは家庭内別居に近い状態です。
卒婚は2004年に杉山由美子さんが「卒婚のススメ」という著書で用いた造語です。他人のような存在でも婚姻関係を解消しているわけではないので離婚とはまた違います。
別居に近いといいましたが、卒婚とはお互い納得してそのような関係になっており、夫婦仲が険悪になったために行う別居とはまた違います。
一時期、熟年離婚についてメディアで取り上げられました。子供が独り立ちし夫婦でい続ける必要がなくなったために離婚する、といったものです。しかし、それに対して夫婦でいる必要はないけれど離婚するほど険悪な仲ではない、といった場合に卒婚といった手段をとるそうです。

卒婚した場合のメリット、デメリット

卒婚のメリットとして、面倒な手続きを行う必要がないといった点があげられます。離婚するときには財産分与はどうするのか、親権はどちらが取るかといった手続きが必要です。しかし、卒婚は離婚とは違うため、そのようなことをする必要がありません。
もう一つの利点として、もし夫婦としてやり直したいと思ったらやり直しやすいという点があります。そして離婚していないため親戚に知らせる必要もありません。
デメリットとしては離婚するほどでもないけど夫婦でいたくはない、という中途半端な状態が続いてしまうということです。さらに卒婚した、という事実を知らない人に対しては夫婦関係が続いているというように見せなくてはいけないというのは苦痛に感じる人もいるでしょう。


シェアする

B!